私の親、プログラマーです。



来年度診療報酬改定で説明会―全日病(医療介護CBニュース)

 全日本病院協会(全日病)は3月18日、東京都内で来年度の診療報酬改定について病院関係者を対象にした説明会を開いた。
 冒頭、あいさつした安藤高朗副会長は、「今回、10年ぶりのプラス改定となったのは本当によかった。救急や周産期、小児科、外科等がアップしていて、多少決められた範囲でメリハリが付いたのではないかと思う。中小・民間病院でもいろいろな加算があるので、ぜひ丁寧に取っていただければ」と述べた。

 続いて、厚生労働省保険局医療課の佐々木健課長補佐が医科診療報酬について、今回新たに点数の加算や見直しが行われる項目を中心に、改定の概要を説明。改定の大きなポイントとして、▽病院勤務医の負担軽減▽診療所の地域医療貢献▽介護との連携―などを挙げた。

 このうち病院勤務医の負担軽減については、「病院勤務医の勤務状況について具体的に把握していること」「改善に関する提言を行う責任者を配置すること」など5つの算定要件が示されているが、佐々木課長補佐は「負担軽減の参考になるよう、今年度内に具体的な事例を紹介する準備を進めている」と述べた。
 
 また、医師事務作業補助体制加算は今回の改定で施設基準が緩和されるが、「基準に示された入院ベッド数は、あくまでも配置の目安。外来のサポートでもよいし、忙しい診療科に集中的に配置することも可能になっている」として、それぞれの医療現場の実情に合わせて柔軟に活用するよう呼び掛けた。

 今回の説明に対して、会場の医療関係者からは数多くの質問が寄せられた。全日病では、すべての質問と回答をホームページに掲載することにしている。


【関連記事】
「11年度改定も検討を」―全日病・賀詞交歓会で西澤会長
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く
勤務医の負担軽減策、9つの点数に拡大
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可

<日本野球機構>森林整備支援で北海道の4町などと協定(毎日新聞)
「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題−内閣府調査(時事通信)
ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
坂本龍一さんら大臣賞=芸術選奨に30人−文化庁(時事通信)
[PR]
by hqwnapowxy | 2010-03-19 12:33
<< 鳩山邦夫氏、与謝野元財務相らと... <参院選>公約策定で政府、党が... >>


プログラマーも結構大変なんです。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
潔さも大事
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧